かき氷

吉祥寺の「たいやきそら」はかき氷も絶品!お店の行き方や予約方法など

たいやきそら

たいやきそらさんでは、冬はたい焼き、夏はかき氷がいただけます。
もともとは駅から少し離れた場所で、屋台でたい焼きを販売し評判でしたが、最近ではかき氷の方もかなりの人気です。

今回はたいやきそらさんまでの行き方や、かき氷の予約方法、たい焼きとかき氷のレポを記事にしてみました!

たいやきそらの場所と行き方

吉祥寺 たいやきそら

吉祥寺駅方面からたいやきそらさんに向かうには、井の頭通りもしくは中道通りから行くことができます。
個人的には、ショップや飲食店の多い中道通りをのんびりと散歩しながら行くのがおすすめです。
ということで、今回は中道通りを通って行く方法でご案内します。

吉祥寺 ユニクロ

吉祥寺駅北口を出たら、平和通りを左方向大きなユニクロがある方へ進みます。
ユニクロを正面に見て、左脇にある細い通りが中道通りです。

ちなみに、中道通りは全長540m。たいやきそらさんがあるのは、この中道通りを抜けた先なので、少し距離がありますね。でも、中道通りには小さな雑貨店や飲食店が連なっているので、お店を見ながら楽しんで向かうと感覚的にはもっと近く感じます♪

しばらく歩いていくと、左手に原っぱの広がる吉祥寺西公園が見えます。

吉祥寺西公園▲吉祥寺西公園

ここまで来るのに距離があるので、少し不安になるかもしれませんが、信じて進んでください。

吉祥寺西公園を通り過ぎてさらに進んでいくと、中道通りの出口です。

吉祥寺中道通り▲中道通り出口

その先の左手にまたもや公園が現れます。中道公園です。

吉祥寺中道公園▲中道公園

この公園の角を左に曲がって歩いていくと、たいやきそらさんが見えてきます。

たいやきそら▲たいやきそら

看板の可愛らしいたい焼きが目印です。

たいやきそら▲たいやきそら店内

店内は7席ほどの、こじんまりとしたお店です。
たい焼きはテイクアウト・店内どちらも可能で、かき氷は店内のみです。

たいやきそらのかき氷予約方法

たいやきそら かき氷

かき氷は基本的に予約制で、予約台帳を使って来店時間を決めます。
とはいえ、時間さえ決めてしまえば並ぶ必要もないですし、時間まで好きな事をして過ごすことができますよ。

たいやきそら 予約

写真のように、予約時間は6分ごとと、かなり細かく分けられています。
小学生以上から一人1オーダー制で、一マスに氷一杯分。一人で二杯食べたい場合には、二マス取る必要があります。
※小学生以下の子供を連れてく場合、子供は膝の上で抱っこする形で一緒に食べれます。

予約台帳は朝の8時~9時頃お店の表に出されて、お昼ごろにはけっこう埋まってくる状態です。ですが、夕方は比較的空いているのと、時間帯によっては予約することなくすぐに入れます。

たいやきそらさんのツイッター(@taiyakisora)でちょこちょこと空き情報がアナウンスされているので、チェックしておくといいといいですよ。

かき氷はふわっふわ軽やか!

たいやきそら かき氷▲かき氷メニュー

私が伺った日のかき氷メニューです。仕入れによっても内容は変わるようですが、参考までに。
通常は純氷で、プラス150円で天然氷にすることができます。

私はスイカのかき氷を天然氷でいただくことにしました(*’▽’)

たいやきそら かき氷

待つこと数分。
淡いピンク色が綺麗なかき氷がでてきました。

たいきそら かき氷

トップにはカットスイカ。
ひとくち食べると、氷の軽やかさに驚き!かなりふわっふわです!
スーッと身体に溶け込んでいく感覚なんです。

たいやきそら かき氷中にもスイカが入っています。
優しい甘さなんですが、しっかりとスイカの味を感じられます。

美味しすぎる!!(≧▽≦)

追加のシロップも一緒に出てきますが、中までしっかりと味があるので必要ないくらいでした。でもせっかくなので最後の方にかけて、溶けた氷と一緒にゴクゴクと飲んだのが、また美味しかったです!!

食べてる途中で二杯分予約取っておけば良かったと後悔したほど..(笑)

たい焼きは餡も皮も絶品!

吉祥寺 たいやきそら

たい焼きシーズン、夕方にお店に伺いましたが、すでに粒あんたい焼き以外は売り切れになっていました。

吉祥寺 たいやきそら

【たい焼きメニュー】
・粒あんたいやき 180円
・焼き芋入りたいやき 220円
・白玉入りたいやき 220円
・スペシャルたいやき 240円

売切れになっていなければ、焼き芋入りや白玉入りのたい焼きもあります。
他にも、冬季には壺焼き芋の販売もしています。

壺焼き芋はまだ食べたことがないのですが、評判はかなり良いです!
たい焼きではなく壺焼き芋目当てに行く方もいるようです。

それと、土日限定であんバターサンドも販売していますよ。

私は今回、粒あんたい焼きをいただきました(*’▽’)

吉祥寺 たいやきそら

食べる前からとってもいい香りがします。
表情も可愛らしい。

たいやきそらさんのお店のたい焼きは一丁焼きといって、ひとつの金型でひとつづつ丁寧に焼かれています。天然物とも呼ばれるやつです。

吉祥寺 たいやきそら

薄く生地感をあまり感じない皮なのにしっかりと存在感があって、中には頭の先から尻尾までたっぷりの餡が。
餡は甘さが抑えられていて、絶妙の一言!!
粒感と豆の味もしっかりと感じます。

たいやきそらさんのたい焼きを始めて食べたのは数年前にまだ屋台販売をしている頃、曜日限定での出店だったので、その曜日がくるのが楽しみでした。
何度も買いに行ったのを覚えています。

お店を構えてからの方が行く機会が減ってしまったのですが、久しぶりに食べてもその頃と変わらず、美味しいたい焼きでした。

たいやきそらの基本情報

【たいやきそら】
営業時間:11:30~18:00
定休日:火曜、水曜
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町3丁目10−3
電話:080-2265-1704
地図