イベント

【2019年版】吉祥寺・三鷹からアクセスしやすい花火大会まとめ

吉祥寺 花火

2019年も夏休みシーズン到来ですね!
とはいえ今年はすっきりとしない天気が続いて、夏らしさをまだ感じられていないような..プールや海もまだスカスカ状態のようですね。
そんななか、今週末から各地で花火大会がスタートします!
これでやっと夏らしさを感じられるかもしれませんね。

この記事では、吉祥寺・三鷹から比較的アクセスしやすい花火大会をまとめていますので、お出かけの参考にしてください。
※開催日時順で掲載しています

花火大会一覧

令和元年 八王子まつり

実施日:2019年7月27日(土)19:00〜20:30
打ち上げ数:約3500発
場所:JR西八王子駅から徒歩15分
HP:八王子市公式HP

八王子まつりの一環として打ち上げられる花火ですが、打ち上げ数3500発と花火大会並です。八王子まつりはおよそ20台の山車が甲州街道を練り歩く、関東でもトップクラスの山車祭りなので、祭りを堪能して花火も、という流れがおすすめです。
花火大会の会場はスタジアムとなっており、スタジアム中央で花火の打ち上げをし、その周囲の客席で花火観覧ができます。打ち上げの様子を間近で見ることができ、至近距離で花火を楽しむことができる花火大会でもあります。

立川まつり 国営昭和記念公園花火大会

実施日:2019年7月27日(土)19:00〜20:00
打ち上げ数:約5000発
場所:国営昭和記念公園 みんなの原っぱ
HP:オフィシャルHP

J中央線立川駅から徒歩10分の場所にある昭和記念公園で開催される花火大会です。例年入園者数が約35万人にもなる、関東でも人気の花火大会です。
尺玉や一尺五寸玉、ワイドスターマインなど、迫力ある演出が魅力。趣向を照らした花火も多いです。観覧場所の「みんなの原っぱ」はとても広く、地面には芝生が広がっているので、入園者数は多いですが比較的ゆったりと座ることができます。

青梅市納涼花火大会

実施日:2019年8月3日(土)19:15〜20:55
打ち上げ数:約4100発
場所:JR青梅駅から徒歩10分
HP:青梅市観光協会

丘陵の木々の風景と音楽の共演が芸術的な「永山大照明」が人気の花火大会です。丘陵に浮かび上がる木々はまさに幻想的。他にも目玉の尺5寸玉が3発、尺玉が17発とあります。最寄りの青梅駅は、吉祥寺・三鷹からおよそ1時間ほどと時間はかかりますが、青梅行きに乗れば乗り換えなしで行くことができますよ。

昭島市民くじら祭夢花火

実施日:2019年8月3日(土)20:00〜20:30
打ち上げ数:約2000発
場所:JR東中神駅から徒歩5分
HP:昭島市公式HP

当日は昼から屋台が連なり、子供から楽しめるイベントなど、お祭り気分を存分に楽しんだ後に花火を観覧することができます。打ち上げ場所と観覧場所の距離が近いため、迫力のある花火が楽しめます。

神宮外苑花火大会

実施日:2019年8月10日(土)19:30〜20:30
打ち上げ数:約10000発
場所:JR千駄ヶ谷駅から徒歩5~10分、東京メトロ青山1丁目駅から徒歩5~10分
HP:オフィシャル

花火と豪華ゲストによるライブを同時に楽しむことができる、言わずと知れた人気の花火大会です。打ち上げ数10000発は圧巻ですよ。ただし、今年から打ち上げ場所が神宮第二球場から神宮軟式球場へと変わるので、注意してくださいね。

映画のまち調布花火2019

実施日:2019年9月7日(土)18:30〜19:30
打ち上げ数:約10000発
場所:京王線調布駅から徒歩25分
HP:オフィシャル

多摩川の雄大な自然を背景に、10000発の花火が打ち上がります。最大8号玉の大玉を中心とした大スターマインや、音楽とコラボした「ハナビリュージョン」花火などが見どころです。数年前から秋に開催されるようになり、今年も9月開催となっています。夏の最後の最後の思い出にいかがですか。

中央線で開催される花火大会が意外と多い

吉祥寺・三鷹から行きやすい場所をと探して見ましたが、中央線沿いは意外と花火大会が多いことがわかりました。都内に出る場合と時間的に大差なくても、乗り換えをしないで済むとか、混雑回避できるとかという部分はかなりメリットだと思います。

花火は見たいけれど人混みは嫌だって方、絶対いますよね。そんな方には特に、都心から離れた花火大会に行ってみていただきたいです。