井の頭公園

井の頭公園ボートの料金や種類。ファミリーにもカップルにもおすすめ。

井の頭公園 ボート

井の頭公園といえばやっぱりボートですね!
週末ともなれば井の頭池にはボートがわんさか!!

きち子
きち子
正直週末の光景は異様なほど(^^;

でもやっぱり一度は乗っておきたいし、乗ったことがある人でも久しぶりに乗ってみると楽しいものですよ☆

井の頭恩賜公園のボートの料金と種類

井の頭公園 ボート

井の頭池のボートは3種類。

スワンボートサイクルボート、手漕ぎボートです。

料金は、

スワンボート 700円(30分)
サイクルボート 600円(30分)
手漕ぎボート 700円(60分)

ちょっとづつ金額が異なります。
また、スワンボートとサイクルボートが30分に対して、手漕ぎボートは60分。
他の2つに比べて漕ぐのが大変だからでしょうね(*‘∀‘)

デートで来たカップルさんには手漕ぎがおすすめです。
長く乗ってられるし、スリルがあるというかドキドキ感があります。
※ただし、漕ぐのがあまりにも下手だと格好悪いので、その場合にはやめておきましょう★

井の頭公園 ボート

チケットは券売機で購入です。
券売機のすぐ横にいる店員さんが、購入したチケットのボートごとに進む道を案内してくれます。

スワンボートが一番人気!子供連れにはサイクルボートもおすすめ

井の頭公園 ボート

やっぱりスワンボートが一番人気です。

そういえば昔、まゆげのあるスワンボートを見つけたら幸せになれるというようなジンクスがあったような・・
本当にいるのか確認できてませんが、行ったら是非探してみてください!

井の頭公園 ボート

私は今回サイクルボートに乗ることにしました。
というのも、サイクルボートの方が前方が開けているからです。

小さな子供が一緒なので、できるだけ視界を遮るものがない方がいいかなと思ってです。
実際に、サイドも正面も景色がよく、大人も満足でした♪

井の頭公園 ボート

普段見ているだけのボートに乗れて、子供も楽しそう!

池で泳いでいる鳥に近付いて興奮したり、木の枝にぶつかりそうになって焦ったり・・
いつもとは違う井の頭公園を楽しめました♪

ちなみに、30分はけっこう長いです。
30分ずっと漕いであちこちと移動していたら確実に翌日筋肉痛です!

きち子
きち子
と言っても、漕ぐのは主人にほとんど任せっきりでしたが・・

漕いで進んでは休憩しつつ景色を眺めてまた移動して・・
という感じです。

陸から見る井の頭公園とはほんの少し違う景色をぜひ楽しんでくださいね(*’▽’)

井の頭公園ボート乗り場の基本情報

【井の頭池ボート乗り場】
営業時間:シーズンごとに異なってくるのでこちらのサイトで確認してください
住所:東京都武蔵野市御殿山1丁目18−31
地図

※「きちママ」では、実際に行ってみて欲しいお店やリサーチしてみて欲しいお店情報も募集しています。掲載したお店についてもっと詳しく聞きたいという方も遠慮なくお問い合わせページもしくはツイッター(@kichikomama)からご連絡ください。