スイーツ

「りんご飴」の概念を覆す美味しさ!「Candy apple (キャンディアップル)」が吉祥寺に期間限定オープン

りんご飴 吉祥寺

りんご飴専門店「Candy apple (キャンディアップル)」さんが丸井吉祥寺に期間限定オープンしています。

りんご飴と言えば、お祭り屋台で定番のスイーツ。

私自身幼い頃によく食べた記憶がありますが、今回頂いた「Candy apple (キャンディアップル)」さんのりんご飴は、記憶している美味しさを遥かに超えたものでした!

「Candy apple (キャンディアップル)」は今話題のお店

りんご飴 吉祥寺

「Candy apple (キャンディアップル)」さんは、代官山と原宿に店舗を構えていますが、どちらも行列ができるほどの人気ぶりだそうです。

胸キュンドラマとして大ヒットした「恋つづ」の作中でヒロインが食べていたことでも話題になっています。

今回期間限定オープンの場所となったのは、丸井吉祥寺店の「ウフタマコ」さんの跡地。

現時点ではイートインスペースはなく、テイクアウトのみの販売をしています。

「Candy apple (キャンディアップル)」のメニュー

りんご飴 吉祥寺
  • プレーン 600円
  • シナモンシュガー 600円
  • ピュアココア 600円
  • ヨーグルチョコ 700円
  • 丹羽黒豆きな粉 700円
  • 宇治抹茶 700円

プレーンのりんご飴だけでなく、色々な味の種類があるんですね。

思いのほか意外な組み合わせのものが多くて驚きました。

冒険もしてみたかったけどはじめてのお店なので、今回は純粋にプレーンのりんご飴を試しにひとつ購入することに。

持ち歩き用はカットした状態でカップに入れてくれて、30分以内に食べ切ってくださいとのこと。

持ち帰り用は丸ごと常温で受け取り、自宅で1〜2時間冷やすと食べることができます。

りんご飴が極上スイーツに!

りんご飴 吉祥寺

今回は自宅に持ち帰って頂くことに♪

りんご飴 吉祥寺

飴がくっつかないようにペーパーで包まれた上から袋に入れられています。

りんご飴 吉祥寺

取り出してみるとこんな感じ。

宝石みたいで綺麗ですね。そして可愛い!

りんご飴 吉祥寺

この飴の表面に出ているポコポコとしたクレーターのようなものが美味しいりんご飴の証らしいですよ。

なぜなら、高温の飴がコーティングされた際に中の果汁が外に弾けようとし、その瞬間に飴が固まるからなんだとか。

 

りんご丸々1個なので当然ですが、ずっしり重い・・

りんご飴 吉祥寺

2時間ほど冷やしてから自分でカットして頂きました。
(カット方法は購入の際に店員さんが教えてくれましたよ)

食べてみると・・・

まず、りんご自体がめちゃくちゃ瑞々しい!!
果汁がギュッと閉じ込められていて、噛むごとに溢れ出す甘み(*´ェ`*)

シャキシャキとした食感は新鮮そのものです!

そして飴のパリパリッ♪とした食感と合わさったバランスは、すごく繊細なスイーツを頂いているかのようでした。

完全に、りんご飴の概念を覆されました!

きち子
きち子
子供も美味しかったらしく、このりんご飴を食べて以来何度も「飴のついたりんご食べたい」と言ってきます。

期間限定オープンとのことですが特にいつまでという告知がされていないので、ぜひぜひ早めに食べに行ってみてください♪

「Candy apple (キャンディアップル)」の基本情報

店名 Candy apple (キャンディアップル)
出店期間 2020年6月23日〜
営業時間 10:30〜20:00
定休日 丸井吉祥寺店に準ずる
HP HP
住所 東京都武蔵野市吉祥寺南町1丁目7−1 丸井吉祥寺店1階
地図

 

 

 

 

Oisix感謝祭開催中!

【豪華】
人気食材11品+プレゼント入り!!

\期間限定感謝祭は7/30(木)まで!/